うつ病の治し方

病院で検査を受けた結果、うつ病と診断された場合は薬物療法が開始され、薬を服用することになります。診療内科の医師は、その人の症状に合った薬を処方し、心理的な療法を行っていきます。薬を飲みながら治療を受けて、うつ病を治すための環境を整えていきましょう。

うつ病の治療は、「急性期」と「回復期」に分かれます。急性期では薬を処方し、症状を改善させるための治療を行っていきます。回復期に入ると症状は軽くなりますが、まだ油断はできません。症状が軽くなってきたらと安心して薬を飲むのをやめたり、仕事に復帰したりすれば、また症状がぶり返してしまうおそれがありそうです。

うつ病を治すには、原因を突き止めて解消することと治療に専念することです。原因が仕事におけるストレスの場合は仕事を休み、のんびりとした生活をすることです。十分な睡眠時間を取り、栄養状態を良くして余計なことを考えないことでしょう。

症状が改善されてきたら、少しずつ以前の生活に戻していきます。まったく新しい生活を選択するのもいいかもしれません。本人だけが頑張っても無理な場合もあり、その場合は家族の助けが必要になりそうです。回復をあせらずに、じっくり治療に取り組みましょう。